Top >  0がんを克服する人達 >  8-栗本 薫/中島 梓 >  栗本薫さん すい臓がん

スポンサードリンク

栗本薫さん すい臓がん

栗本薫さん 闘病中も執筆、月200枚

<グイン・サーガ>の作者である栗本薫さんが亡くなられました。

まだ56歳、これから脂が乗ってくる年代なのに残念です。

SF小説、ファンタジーの世界のお話でしたが、<グイン・サーガ>は世界一長いシリーズになるのではないかと思います。

未完のまま終わることになってしまいましたね。

ご冥福をお祈りします。

栗本薫さん 闘病中も執筆、月200枚
<以下、記事の引用です>

栗本薫さん 闘病中も執筆、月200枚 「グイン・サーガ」未完に 写真の拡大

「グイン・サーガ」100巻を達成し、著作を抱える栗本薫さん(2005年3月)
 「1冊でも先に行きたい」――120巻を超す大河SF「グイン・サーガ」を始め、ミステリー、伝奇小説、評論と幅広く執筆活動を行った栗本薫さんが26日、56歳で亡くなった。抗がん剤治療を続けながら、最後まで旺盛な創作意欲は衰えなかった。

 1970年代後半、小説と評論の世界に登場し、みずみずしい視点と筆致を持つ新世代の若者代表として脚光を浴びた。

 未完に終わった代表作「グイン・サーガ」は本編126巻、外伝22冊を数え、欧米にも翻訳。あふれるように物語を紡ぐこの作家の象徴だった。

2007年のがん発見後も、入退院を繰り返しながら執筆を続け、08年には、中島梓名義でがんの闘病記を刊行。今年4月のインタビューでは、抗がん剤治療の影響で体力が落ち、「以前は月1000枚程度書けたのに、今は200枚台」とくやしそうに話していた。

 しかし、「執筆を続けられる病気だったことは天のおぼしめし」とあくまでも前向きだった。「読者が一番読みたいし私も先を知りたい」と「グイン・サーガ」の執筆を優先した。

 当初、目標としていた本編100巻を05年に突破し、150巻、200巻の目標も挙げたが、自ら「ネバー・エンディング・ストーリー」(終わらない物語)と呼ぶ大河小説の完結については、「語り手はいなくなっても物語の先はある。それもロマンかもしれない」とも話していた。(文化部 佐藤憲一)
(2009年5月27日 読売新聞)


スポンサードリンク

 <  前の記事 Dr.中川のがんから死生をみつめる:/8 必然的な細胞の「自殺」  |  トップページ  |  次の記事 お酒弱いのに飲酒・喫煙、食道がんのリスクは190倍  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴