Top >  0がんを克服する人達 >  3-ファラ・フォーセット >  ファラ・フォーセットが入院、意識不明との報道も

スポンサードリンク

ファラ・フォーセットが入院、意識不明との報道も

元祖、チャーリーズエンジェルのファラ・フォーセットさんが<がん>とのことです。
容態が急変しているようで残念な報道となってしまいました。
復活してくれることをお祈りさせていただきます。
<ロイターの記事より抜粋>

 
米ピープル誌によると、フォーセットさんは2日に入院。また、有名人のゴシップ記事を掲載するウェブサイト「レーダーオンライン」は、関係者の話として、フォーセットさんが意識不明だと伝えている。

 フォーセットさんは、2006年9月に肛門がんと診断され、4カ月後にがんとの闘いに勝利したと宣言したが、2007年5月に再発。ドイツで代替療法を受けながら、闘病の様子をビデオに収め、2008年にテレビで公開していた。

<肛門がん>!
あまり聞くことのないがんなので調べてみました。
発見が難しいがんのようで肛門の異常に気が付いたら早めの診断が大事ですね。

<以下、記事の引用です>


こうもんがん
肛門がん


どんな病気か
 肛門の入り口から約3cmにわたる管状の部分(肛門管)に生じるがんを総称して、肛門がんといいます。大腸がん(結腸がん、直腸がん)に比べると、その頻度はまれです(大腸がんの約4%)。
 組織型からみると、肛門がんの大部分は扁平上皮(へんぺいじょうひ)がんですが、肛門管の上皮は多様な上皮組織が存在するため、腺がん、類基底細胞(るいきていさいぼう)がん、悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)、ページェット病(パジェット病)、ボーエン病など、さまざまなタイプのがんが発生します。
 がんの発育形式は、肛門管のなかから発生した管内型と、肛門管の外から発生した管外型に分類されます。
 一般的に、肛門がんは60~70歳に最も多く発生します。肛門管の上部にできるがんは比較的女性に多く、肛門縁(こうもんえん)にできるがんは男性に多くみられます。

原因は何か
 肛門がんが発症する原因は、大腸がんやほかのがんと同様、まだよく解明されていません。一部の肛門上皮内がんや扁平上皮がんは、ヒトパピローマウイルスの感染と関連して発症することが知られており、なかでもHIV(ヒト免疫不全ウイルス)陽性者や男性同性愛者は、発症のリスクが大きいといわれています。
 また、大きな尖圭(せんけい)コンジローマや長期間にわたる複雑痔瘻(ふくざつじろう)に合併して、肛門がんが発生することもまれにあります。

症状の現れ方
 主な症状は、しこり、かゆみ、出血、疼痛、粘液分泌、便通異常(便秘、便失禁)などです。時にこれらの肛門の症状がなく、鼠径部(そけいぶ)のリンパ節のはれがみられることもあります。
 これらの症状は、最初は軽度であっても、徐々に進行していくのが肛門がんの特徴です。

検査と診断
 検査は、まず肛門部の診察を行います。肛門管内の病変は、指診で比較的硬い腫瘤(しゅりゅう)(しこり)として触れ、肛門鏡を使用した診察では腫瘤や潰瘍をみることができます。
 肛門縁の病変は、左右の臀部(でんぶ)を広げた状態でよく観察すると、腫瘤や潰瘍、また紅斑(こうはん)や潰瘍を伴う湿疹、丘疹(きゅうしん)や鱗屑(りんせつ)などの皮膚病変がみられます。
 このように肛門診察で、痔疾患や通常の肛囲湿疹(こういしっしん)と異なる外観を示した病変がみられ肛門がんが疑われる場合は、組織の一部を採取する検査(生検)を行い、顕微鏡的に組織を調べて診断を確定します。
 肛門が高度に狭窄(きょうさく)していたり、強い痛みがある場合には、腰椎麻酔(ようついますい)をして生検を行うこともあります。
 画像検査としてはCT、MRI、肛門管超音波検査などが行われ、局所の病変の広がりや転移病変の有無を調べます。

治療の方法
●扁平上皮がん
 扁平上皮がんの治療方針は、がんが小さく肛門括約筋まで浸潤(しんじゅん)していない場合は、局所切除を行うことで完治が見込めます。
 がんが肛門括約筋まで浸潤している場合、以前は永久的人工肛門造設を伴う直腸切断術が行われていました。しかし、扁平上皮がんは放射線感受性が強く(効果がある)、フルオロウラシル(5―FU)やマイトマイシンなどの抗がん薬と併用した放射線療法(30~60グレイ)が非常に有効であるため、現在では抗がん薬を併用した放射線療法で肛門を残す治療が推奨されています。
 この治療の予後は5年生存率が70%を超え、合併症も少なく肛門の括約筋機能も残ります。照射後、がんが消失し、生検でがん細胞が残っていなければ、治療終了となります。
 がんが残っている場合には、直腸切断術などの根治的切除を行いますが、残った部分が非常に小さい場合は、再度化学放射療法を行い、永久的人工肛門を造設しなくてもよい場合もあります。


●その他
 ページェット病やボーエン病は、がんの発育がゆっくりで悪性度も低いため、上皮内だけに存在しているものは広範囲局所切除を行えば、予後は良好です。
 腺がんや粘液がんに対しては、直腸がんに準じた外科的治療(直腸切断術、局所切除術など)を行います。一般に大きさが2cm以下でリンパ節転移を伴わなければ、予後は比較的良好です。
 悪性黒色腫は、直腸切断術または局所切除術を行いますが、ほかの臓器へ転移しやすく進行も早いため、極めて予後不良です。

病気に気づいたらどうする
 肛門部の症状がある時は、自己判断をせずに肛門科または外科を受診することが大切です。痔や湿疹だろうと自分で思い込み、市販薬で治療していると病気が進行してしまうことがあります。
 日ごろの生活では、肛門部の清浄の際にしこりや痛みがないかどうか、注意しておくとよいでしょう。

(執筆者:山名哲郎)

スポンサードリンク

 <  前の記事 マリフアナの成分、がんの増殖を抑制=スペイン研究  |  トップページ  |  次の記事 プライバシーポリシー  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴