Top >  0がんを克服する人達 >  元ディープ・パープルのジョン・ロードが死去

スポンサードリンク

元ディープ・パープルのジョン・ロードが死去


元ディープ・パープルのジョン・ロードが死去

中学時代にはまったディープ・パープル!

レコードを毎日のように聞いていました。

ジョン・ロード!

かっこよかったキーボード奏者も膵臓がんで亡くなられました。

71歳!

2011年8月に膵臓がんと診断されて、翌年の7月ですから1年未満で他界です。

告知されてからの時間は短いですね!

ご冥福をお祈りいたします!


元ディープ・パープルのジョン・ロードが死去

<以下、記事の引用です>


2012-07-17
元ディープ・パープルのジョン・ロードが死去
Share

Photo: Fin Costello/Redferns 英ハードロック・バンド、ディープ・パープルの元キーボーディスト、ジョン・ロードが現地時間の16日にロンドン市内で死去した。享年71。オフィシャルサイトによると、近年はすい臓がんを患っており、肺そく栓症で亡くなったという。(写真=1974年に撮影)

1941年に英レスターで誕生したロードは、1968年にイアン・ペイス、ロッド・エヴァンス、ニック・シンパー、リッチー・ブラックモアとディープ・パープルを結成。「Smoke on the Water」をはじめとする数々のヒット曲で共同ライターを務めた。ディープ・パープルは音楽史上屈指の影響力の強いハードロック・バンドとなり、メタリカ、クイーン、エアロスミス、ヴァン・ヘイレン、アリス・イン・チェインズなど、多くのバンドのサウンドに大きな影響を与えた。

1976年にディープ・パープルが解散すると、ロードはクラシック音楽を探求した。その間に彼が作曲したクラシック音楽は、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで演奏されたこともあったという。その2年後にはホワイトスネイクのメンバーとしてロック・シーンに復帰。1984年にディープ・パープルが再結成するまで活動を続けた。2002年にディープ・パープルを脱退した後は、ソロ・アーティストや作曲家として活動していた。

2011年8月にすい臓がんの診断を受けたロードだが、音楽活動を辞めることはなかった。今月初旬にはドイツで予定されていたライヴの中止を発表し、その理由を「大きな問題ではなく、予定よりも長引いている定期的な治療を続けるため」と説明していた。

オフィシャルサイトによれば、エイミーさんとサラさんという二人の娘を持つロードは、「愛する家族に囲まれて」死去したとのこと。

MTV News

スポンサードリンク

 <  前の記事 膵がん細胞を狙い撃ち  |  トップページ  |  次の記事 前立腺がんの手術による救命率、経過観察とほぼ変わらず  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴