Top >  0がんを克服する人達 >  「ヒップアップ」小林すすむさん死去…58歳、がん

スポンサードリンク

「ヒップアップ」小林すすむさん死去…58歳、がん


「ヒップアップ」小林すすむさん死去…58歳、がん

残念なニュースですね。

ヒップアップの小林すすむさんががんのため、亡くなられました。

58歳、スキルス性胃がんと肝臓がんを患っていたということです。

今年の9月公開予定の映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」!

が遺作となりました。

懐かしいヒップアップのコントを思い出しますね!

残念です。


「ヒップアップ」小林すすむさん死去…58歳、がん

<以下、記事の引用です>

「ヒップアップ」小林すすむさん死去…58歳、がん


がんで亡くなった小林すすむさん(10年2月)
 1980年代にお笑いトリオ「ヒップアップ」で人気になり、その後は俳優として活躍した小林すすむ(本名・小林進)さんが16日午後10時45分、スキルス性胃がんと肝臓がんのため、都内の病院で死去した。58歳だった。

 関係者によると、小林さんは数年前から病気を患っており、今年2月、映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」の撮影終了後、病院で「余命2~3週間」の診断を受け入院していた。この日午後9時頃、危篤状態となり、最期は家族と関係者らにみとられた。

 小林さんは、今年1月のブログで「踊る―」の撮影について「すごく楽しい毎日」とつづっていた。9月7日公開の同映画が遺作となる。入院中は、病気を知った島崎俊郎らヒップアップのメンバー、コント赤信号、山田邦子らお笑い仲間が見舞金のカンパを募っていた。

 小林さんは、70年代後半に島崎、川上泰生と「ヒップアップ」を結成し、バラエティー番組「オレたちひょうきん族」などに出演。小林さんがギターを手にし、2人が「それでは お別れしましょう」などのネタを披露し、お茶の間の人気を呼んだ。

 90年代からは俳優として活躍。メガネ姿で存在感のある名脇役として、ドラマ「ロングバケーション」「花より男子」、映画「シベリア超特急」「踊る大捜査線」シリーズなどに出演していた。

 ◆小林 すすむ 本名・小林進。1954年4月15日、長野・上田市出身。ザ・ドリフターズらに憧れ、23歳でお笑いトリオ「ヒップアップ」結成。30代後半で俳優に転身し、テレビ、映画、CMで活躍。近年は、がん撲滅のための合唱団でも活動していた。

訃報・おくやみ

スポンサードリンク

 <  前の記事 米「ディスコの女王」、ドナ・サマーさん死去 63歳  |  トップページ  |  次の記事 ステージ4 がんと生きる 池田省三 <自覚症状>ストレス…急に体臭強く  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴