Top >  0がんを克服する人達 >  杉原輝雄氏が前立腺がんで死去

スポンサードリンク

杉原輝雄氏が前立腺がんで死去


杉原輝雄氏が前立腺がんで死去

年末に残念な訃報が出ていました。

プロゴルファーの杉原輝雄氏が前立せんがんで亡くなられました。

長い間、闘病しながら現役ゴルファーとして活躍してきた杉原氏ですが、

前立せんがんは完治することはできず、残念です。

ご冥福をお祈りいたします。


杉原輝雄氏が前立腺がんで死去


<以下、記事の引用です>


杉原輝雄氏が前立腺がんで死去記事を印刷する日記を書く


中日クラウンズに51回連続出場し世界記録を樹立した杉原輝雄さん(10年4月撮影)
 50年以上にわたって現役を続けた男子プロゴルファーの杉原輝雄氏が28日午前、前立腺がんのため死去した。74歳。大阪府出身。

 [2011年12月28日15時33分]

スポンサードリンク

 <  前の記事 Dr.中川のがんの時代を暮らす:/20 DNA傷つけるラドン  |  トップページ  |  次の記事 サラリーマンに迫る“食道がん”の恐怖…原発所長も戦線離脱  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴