Top >  0がんを克服する人達 >  ラモス瑠偉氏の妻・初音さん転移性肝がんで死去

スポンサードリンク

ラモス瑠偉氏の妻・初音さん転移性肝がんで死去


ラモス瑠偉氏の妻・初音さん転移性肝がんで死去

ラモスさんの奥様が亡くなられましたね。

転移性の肝がんとのことです。

まだ52歳、私と同年齢ですので残念な結果です。

ご冥福をお祈りします!


ラモス瑠偉氏の妻・初音さん転移性肝がんで死去


<以下、記事の引用です>

ラモス瑠偉氏の妻・初音さん転移性肝がんで死去

 元サッカー日本代表MFで、ビーチサッカー日本代表のラモス瑠偉監督(54)の妻、初音(はつね)さんが19日午後8時15分、転移性肝がんにより都内の病院で死去した。52歳だった。ラモス監督は19日にビーチ代表のブラジル遠征に出発する予定だったが中止した。2人は84年に結婚し、1男1女をもうけた。

 通夜は21日午後7時30分から、告別式は22日午後1時30分から、いずれも東京都千代田区麹町6の5の1「聖イグナチオ教会」で、喪主は夫・ラモス瑠偉(るい)氏。

スポンサードリンク

 <  前の記事 「芳雄さん、ありがとう」阪本順治監督が弔辞  |  トップページ  |  次の記事 チェルノブイリで「甲状腺がん」に苦しむ人々を救う日本人医師とは...?  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴