Top >  0がんを克服する人達 >  「二十四の瞳」の高峰秀子さん、肺がんで死去

スポンサードリンク

「二十四の瞳」の高峰秀子さん、肺がんで死去


「二十四の瞳」の高峰秀子さん、肺がんで死去

高峰秀子さんが亡くなられました。

肺がんであったとのことです。

ご冥福をお祈りいたします。

「二十四の瞳」の高峰秀子さん、肺がんで死去

<以下、記事の引用です>

【訃報】「二十四の瞳」の高峰秀子さん、肺がんで死去 < 2010年12月31日 20:57 >ブックマーク 昭和を代表する女優の高峰秀子(たかみね・ひでこ)さんが、肺がんのため都内の病院で亡くなった。

86歳。高峰さんは、昨年10月に体調を崩して入院。

肺がんと診断され療養を続けていたが、今月27日に病状が急変し、翌28日午前5時28分、夫の松山善三さんにみとられて息を引き取ったという。

葬儀は29日に近親者のみで行った。

高峰さんは、戦前から子役として活躍。「カルメン故郷に帰る」(51年)、「二十四の瞳」(54年)などで主演し、女優としての地位を確立した。

「二十四の瞳」で助監督を務めた松山さんと55年に結婚。松山さんは文書で「現在、心身ともに皆さまに直接、お目にかかることのできる状況ではございません」とコメントした。

スポンサードリンク

 <  前の記事 寛平日本上陸、地球はホンマに丸いんや  |  トップページ  |  次の記事 日本でのがん死亡率が海外に比べて高いのはなぜか  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴