Top >  0がんを克服する人達 >  ロカビリーの山下敬二郎さん急死71歳がん

スポンサードリンク

ロカビリーの山下敬二郎さん急死71歳がん


ロカビリーの山下敬二郎さん急死71歳がん

懐かしい歌手の山下さんが亡くなられました。

私の世代では歌は聴いたことは無いのですが、

お仲間のミッキーカーチスさんは映画出演などで知っています。

私の父親と同じ<胆管がん>で亡くなられたとのこと!

ご冥福をお祈りさせてください。

ロカビリーの山下敬二郎さん急死71歳がん

<以下、記事の引用です>


ロカビリーの山下敬二郎さん急死71歳がん

2011年1月6日
印刷

[PR]

 ロカビリー歌手として一世を風靡(ふうび)した山下敬二郎(やました・けいじろう)さんが5日午後8時ごろ、胆管がんのため都内の病院で死去した。71歳だった。昨年11月末にがんであることが発覚したが、末期で手の施しようがなかった。「歌える限りステージに立つ」という強い思いを支えに歌手活動を続け、年末にもライブを行っていた。通夜、告別式の詳細は未定。喪主は妻直子(なおこ)さん。

 関係者によると、山下さんはこの日、入院していた東京・板橋区内の病院から、自宅近くの都内の別の病院に転院した。直子夫人ら家族も付き添った。転院した後、処置を施していたところ容体が急変し、意識を失ったという。緊急手術のかいなく、息を引き取った。

 昨年11月末に胆管がんが発覚した後も「歌える限りステージに立ち続ける」という強い思いを支えに歌手活動を続けていた。先月26日には、栃木・佐野市内でディナーショーを行い、代表曲「ダイアナ」を熱唱した。さらに、駆け付けたファンに、がんに冒されていることを告白した。山下さんにとって、これが最後のステージとなった。

 同28日には、東京・赤坂ステージワンで30年来行っている恒例の「忘年LIVE」にも出演する予定だった。妻で歌手の山下直子さんとのジョイントステージの予定だったが、体調を崩し、出演することはかなわず、電話でファンに、がん克服を誓った。楽しみにしていたファンもエールを送っていたという。

 昨年11月には、平尾昌晃(73)ミッキー・カーチス(72)とともに「ロカビリー3人男」としてNHK衛星第2の特番の収録を行った。スタジオではかなり体調が悪い様子だったという。特番は12月に放送され、話題を集めた。

 末期がんで手の施しようがない状態と知りながら、最後までがんと闘う意志は捨てなかった。2月に予定されていたよこすか芸術劇場と浅草ビューホテルでのライブはキャンセルしたが、4月には歌謡界や芸能界の重鎮が発起人となり、平尾やカーチスも出演する大々的な“がん決起ライブ”を行うことも計画されていた。それだけに、転院したその日に息を引き取ったことで、悲報を受けたカーチスらは大きなショックを受けているという。

 ◆山下敬二郎(やました・けいじろう)1939年(昭14)2月22日、東京生まれ。「笑いの王様」といわれた喜劇俳優で落語家の故柳家金語楼さんの長男。19歳の時に日劇ウエスタンカーニバルでデビュー。平尾昌晃、ミッキー・カーチスとともに“ロカビリー3人男”と呼ばれ人気を博した。「ダイアナ」が代表曲。全盛期には、興奮した女性客がパンツをステージへ投げ付けるほどの熱気を集めたという。91年、26歳の年齢差でコーラス歌手の佐々木直子さんと5度目の結婚をした。


スポンサードリンク

 <  前の記事 がんの「種」退治可能に 九大・中山教授の研究班  |  トップページ  |  次の記事 ナノカプセル 耐性がんに効果  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴