Top >  0がんを克服する人達 >  犯罪心理学者の作田明氏(60)が死去 がんのため(06/01 15:49)

スポンサードリンク

犯罪心理学者の作田明氏(60)が死去 がんのため(06/01 15:49)


犯罪心理学者の作田明氏(60)が死去 がんのため(06/01 15:49)

テレビによく出演していた作田さんが亡くなられました。

まだ60歳という年齢です。

大腸がんからの転移ということで残念です。

ご冥福をお祈りいたします。

犯罪心理学者の作田明氏(60)が死去 がんのため(06/01 15:49)

<以下、記事の引用です>

 テレビのコメンテーターでも活躍していた犯罪心理学者の作田明さんが、がんのため亡くなりました。60歳でした。

 作田さんは、5年前に直腸ガンを患いました。手術を受け、いったん症状は安定したものの、その後も2度にわたってほかの臓器への転移が見つかるなど、治療を受けながら仕事を続けてきました。しかし、先月になって骨に転移していることが分かり、都内の大学病院に入院していましたが、1日未明に亡くなりました。60歳でした。作田さんは千葉県出身で、1978年に聖マリアンナ医科大学を卒業後、精神科医として刑事被告人などの精神鑑定を数多く手がけてきたほか、その経験を生かしてテレビのコメンテーターなどとしても活躍していました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 世界で50億人利用 がん発症との関係、米で論争続く  |  トップページ  |  次の記事 「肝がん」原因90%のウイルス性肝炎 40人に1人が感染  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴