Top >  フコイダンについての知識 >  フコイダンの摂取の仕方は?

スポンサードリンク

フコイダンの摂取の仕方は?


フコイダンは海藻類に多く含まれています。
海藻特有のぬめりの成分の中にあるのですが、なかでも”沖縄もずく”の中に多く含まれています。昆布に比べると、なんと5倍以上の量が含まれています。

海藻フコイダンは日頃の食生活から”もずく”や”昆布”を食べれば摂取することができます。もずくスープなどの食べやすい暖かい食品にしても、耐熱性に強いので問題ありません。一般的にはスーパーで手に入る”もずく酢”系のものが毎日摂取しやすいですね。

比較的とりやすいフコイダンですが、”ガン”の治療や予防などに必要な場合にはすこし摂取量を増やさなければいけません。

理想的には、ガン治療や予防には”超低分子フコイダン”が一日あたり3グラムから6グラム程度必要だということです。

1グラムのフコイダンをとるのには、”沖縄もずく”が約1キログラムも必要だと言われていますので、食事から必要量をとることは不可能に近いことになります。

ガンの治療や予防にはどうしても”超低分子フコイダン”を健康食品から効果的に摂取することが重要になってくるのですね。

スポンサードリンク

 <  前の記事 アトポーシス効果とは何か?  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンアガリスクについて  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴