Top >  フコイダンについての知識 >  フコイダンは酢との相性がいい!

スポンサードリンク

フコイダンは酢との相性がいい!

フコイダンがたくさん含まれているもずくにはぬるぬるした成分である硫酸基というものがまとわりついています。

この硫酸基にフコイダンがたくさん複雑に絡みあっって含まれていますが、このぬるぬるの硫酸基が人間の胃の粘膜になじんで、胃を守ってくれます。

もずくの製品は酢で加工してある物が主になっていますが、この酢に含まれる酢酸が複雑に絡み合った状態のフコイダンをほどく役目をしてくれて、胃の粘膜や腸の粘膜に接触する表面積を大きくしてくれます。

それによってフコイダンの効果がますます高まるのです。

お酢との組み合わせは、フコイダンのパワーを最大限に発揮させてくれる、とても相性のいい組み合わせなんですね。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダン長寿のためにもいい!  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンは海藻自身にはどのように働いているか!  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴