Top >  フコイダンについての知識 >  フコイダンの含有量が多いもずくは!

スポンサードリンク

フコイダンの含有量が多いもずくは!

フコイダンが含まれているもずくは、どのもずくでも同じ量が含まれている訳ではありません。

日本に流通しているもずくは、ほとんど9割方が沖縄産のもずくです。沖縄産もずくは琉球列島に生息していて、国産のもずくとは種類が違います。そして国内産のもずくよりもフコイダンの含有量が4倍も含まれています。

しらし最近は、南太平洋のトンガ王国で採れるもずくが研究されています。
なんと沖縄産もずくの約2倍ものフコイダンを含んでいることがわかったのです。

南太平洋のトンガ王国とは、南太平洋に浮かぶ大小150もの島からなり、日付け変更線の西にあります。
汚染がまったくない海で、ミネラルが多く含まれた海水と太陽光線をたくさん浴びて育った良質のもずくが、トンガ王国産のもずくです。

トンガ王国産もずくは、この海域にのみ育成している珍しい希少種で、フコイダンがたくさん含まれていることで、今非常に注目されています。

健康食品にはほとんど沖縄産もずくとトンガ産もずくより抽出されたフコイダンが使われています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンが多く含まれるもずく!  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン製品は液体と錠剤、どちらがいいのか?  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴