Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  がんの放射線治療 岡山中央病院 坂本 隆吏 

スポンサードリンク

がんの放射線治療 岡山中央病院 坂本 隆吏 


がんの放射線治療 岡山中央病院 坂本 隆吏 

岡山市の放射線治療の記事です。

坂本先生の紹介が主ですが、

がんの治療も手術よりも放射線治療がメインになってきている感じですね。

【なかにし礼】さんも受けた陽子線治療など

がん治療も進化しています。

がんの放射線治療 岡山中央病院 坂本 隆吏 

<以下、記事の引用です>

(47)がんの放射線治療 岡山中央病院 坂本 隆吏 放射線がん治療センター長(46) 動く腫瘍追尾し狙い撃ち 副作用リスク低減

がんの放射線治療


人の命を左右する仕事だけに、最新の放射線治療装置や照射技術にも慢心することはない。「適応のあるがん患者さんに最適な治療を提供したい」と話す
 直径約3・6メートルの巨大なドーナツ形が威容を誇る。8月、稼働した岡山中央病院放射線がん治療センター。最新鋭装置を駆使し“国民病”と闘うのが、異色の経歴を持つ医師、坂本だ。

 国民の2人に1人が罹患(りかん)し、死因のトップ、3割を占めるがん。種類や病態に応じ手術、放射線治療、化学療法(抗がん剤)の3本柱を組み合わせる「集学的治療」が今や欠かせない。

 国内では長らく、手術が主流だった。だが近年、欧米の後を追うように放射線治療が躍進した。画像診断や治療機器が進歩し、併用効果の高い抗がん剤が登場してきた帰結といえる。

 長所は「切らずに治す」点。照射に伴う苦痛はなく、臓器の機能や形態を温存できる。「前立腺がん、早期の肺がんなどは治療成績が手術とほぼ同等。高齢者や、骨、脳に転移したがんの緩和医療にも有効」と坂本。

 療法は、体の内側から放射線を当てる内部照射と、外側から狙い撃ちする坂本得意の外部照射がある。放射線は細胞のDNAに小さな傷を付け、何回も当てればがん細胞は死滅する。一方、正常細胞は傷の修復力がより強いためダメージは小さい。

 とはいえ、正常細胞に当たれば肺臓炎、直腸炎など副作用のリスクを招く。照射は病巣に極力絞るが、体表面に描いた目印を狙う従来の外部照射では、腫瘍の周辺1センチ程度、正常部まで当たるのは避けられなかった。

 難題に風穴を開けたのが、坂本も開発に携わった放射線治療装置「Vero4DRT」。呼吸などで動く腫瘍を追尾し、ピンポイントで照射できる世界初の機能を持つ。肺がんだと、正常肺への放射線量を従来より約20%低減できる。

 「胃がん、卵巣がんなどは効果が乏しい」ものの、早期がんを中心に脳腫瘍、乳がん、肝臓がん…と、ほとんどの腫瘍に適応する。1回の照射時間は約15分。前立腺がんだと平日に毎日1回ずつ計35回ほど、食道がんや肺がんの化学療法併用治療では計30回程度行う。

 生死に関わり、ミリ単位の緻密な計画、模型を使った検証も求められる治療を2011年、約350例こなし働き盛りの坂本。中学、高校と水泳で鍛えた180センチ超、100キロ近い体格から豪放磊落(らいらく)に見えるが、医家になるまでには苦悩があった。

 大学進学時に選んだ先は工学部。「治せるがん患者は医師1人では限りがある。医療機器を開発すれば何万人にも貢献できる」と医療工学を志した。が、産学連携は進んでおらず、理想と程遠い現実に転身を考え悩んだ。そんな背中を北海道大名誉教授の故三上智久に押された。

 金沢医科大で修め直し「全身のがんを横断的に扱える」と放射線科医に。放射線治療で世界的権威の京都大名誉教授阿部光幸、京都大教授平岡真寛と会い、知識と技能の錬磨、臨床経験を重ね進化を遂げた。

 「放射線治療スタッフは国内では不足しており、当センターが他院と病病連携し治療するモデルケースを目指したい」。江戸期の米沢藩主、上杉鷹山(ようざん)の名言「為(な)せば成る」を人生訓とする坂本が、岡山で新境地を開こうとしている。
 

-------------------------------------

 さかもと・たかし 高槻高(大阪府)、茨城大工学部を卒業後、北海道大大学院中退、金沢医科大卒。京都大学病院放射線科、熊本大学病院放射線治療科医局長、健康保険諫早総合病院(長崎県)放射線治療部長などを経て2012年4月から現職。放射線治療専門医、がん治療認定医。神戸市出身。趣味は写真、旅行、ドライブ。


 Vero4DRT 三菱重工業(東京)、京都大、先端医療センター(神戸市)が産学連携で開発した放射線治療装置。2000年からプロジェクトが始動し11年9月、京都大学病院で肺がん患者に世界初の追尾照射を行った。

 ドーナツ形のリング内に備えた2組のエックス線撮影装置などで、治療台に寝た患者の腫瘍位置をリアルタイムに把握。放射線を出す照射ヘッドの向きを追従させ、正確に腫瘍をとらえられる。照射口(15センチ四方)の形状は腫瘍の形に応じて自在に変えられ、照射の強弱や向きを調整し病巣に線量を集中させる「強度変調放射線治療(IMRT)」も行える。岡山中央病院は中四国初の導入で、保険が使え通院で治療できる。


 外来 坂本センター長の診察は月〜金曜日(祝日休診)の午前9時〜午後4時。完全紹介、予約制。


岡山中央病院

岡山市北区伊島北町6の3

電話 086―252―3221

(2012/9/17)

スポンサードリンク

 <  前の記事 がんの妻に寄り添い3年2か月 鎮魂願い闘病記出版  |  トップページ  |  次の記事 同じ肺がん患者でも喫煙者では10倍! がん細胞の突然変異  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴