Top >  フコイダンについての知識 >  コイダンの効能は >  フコイダンの新生血管抑制作用とは

スポンサードリンク

フコイダンの新生血管抑制作用とは

フコイダンの効果には、免疫力の強化とアトポーシス効果(ガン細胞を消滅させてしまう効果)がありますが、もう一つ素晴らしい効果があります。

《新生血管抑制作用》
正常な細胞からガン化した細胞になった場合は、細胞分裂を行って少しづつ大きく成長していきます。

ガン細胞が大きくなるにはたくさんの栄養が必要になりますがその栄養を補給するために新しい血管を作ってしまいます。細胞のまわりにはり巡らすわけです。

このことを血管新生というのですが、周囲の正常な細胞を弱らせてしまう事になります。
そしてこのガンが作った血管は、ガンが転移するするときに使われるのです。

この血管新生を妨害する働きがフコイダンにはあるのです。

ガン細胞の増殖は一定の速さで進むのですがこの血管が出来た後は増殖のスピードが爆発的に上がるのです。

そこへフコイダンを投与した場合、血管新生を妨害してくれるので、ガン細胞が増殖して転移するのを防いでくれるという素晴らしい効果が確認されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとガンの治療法について  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン効果はこんなにすごい!  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴