Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  胆管がん問題、業界が再発防止策 マスクの着用や換気の徹底を

スポンサードリンク

胆管がん問題、業界が再発防止策 マスクの着用や換気の徹底を

胆管がん問題、業界が再発防止策 マスクの着用や換気の徹底を

胆管がんのニュースが載っていましたのでアップします。

印刷会社で元従業員らが胆肝がんを発症とのこと!

別の記事では、同じ会社の従業員が10人も胆肝がんを発症!

そのうち2人は在職中に死亡という。

職場は有機溶剤特有のにおいが漂っていて、吐き気を訴える従業員も!


印刷作業に従事している身としては、

聞き捨てならないニュースでびっくりしています。

有機溶剤と胆肝がんの因果関係は堂なのか!

しっかり調べてもらいたいものです。


胆管がん問題、業界が再発防止策 マスクの着用や換気の徹底を

<以下、記事の引用です>

胆管がん問題、業界が再発防止策 マスクの着用や換気の徹底を

 大阪市にあるオフセット校正印刷会社の元従業員らが胆管がんを発症した問題で、日本印刷産業連合会(東京)が、傘下の企業を対象にマスクの着用や作業場での換気の徹底を求めるなど再発防止策を本格化することが22日、分かった。

 安全対策の説明会や勉強会を札幌、仙台、福岡など全国7カ所で開いたり、化学物質の取り扱い方法を記したパンフレットを作成したりすることも検討している。

 同連合会は「安全対策を適切に行えば健康障害は起きないはず。一刻も早く関係者の不安を取り除きたい」としている。

スポンサードリンク

 <  前の記事 勘三郎、桑田の執刀医ががん手術  |  トップページ  |  次の記事 ステージ4 がんと生きる 池田省三 <副作用>  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴