Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  iPS細胞からがん幹細胞、抗がん剤開発に利用も 

スポンサードリンク

iPS細胞からがん幹細胞、抗がん剤開発に利用も 


iPS細胞からがん幹細胞、抗がん剤開発に利用も 

がん細胞の親玉であるがん幹細胞を作ることが出来たようです。

がん組織からは取り出せなかったことから、

iPS細胞を使って作製することに成功との事。

がんのメカニズム解明や抗がん剤の開発に役に立ってくれることでしょう。

iPS細胞からがん幹細胞、抗がん剤開発に利用も 

<以下、記事の引用です>


iPS細胞からがん幹細胞、抗がん剤開発に利用も 岡山大
2012/4/13 6:00

 岡山大の妹尾昌治教授らはマウスの新型万能細胞(iPS細胞)から、がんのもととなる「がん幹細胞」を作製することに成功した。がんは次々と増える性質から親玉となるがん幹細胞があると考えられているが、がん組織からは取り出しにくい。iPS細胞から作れれば、メカニズム解明や抗がん剤開発などに役立つ。

 成果は米科学誌プロスワン(電子版)に13日掲載される。

 研究チームはマウスの細胞から作ったiPS細胞の培養液に、肺がんや皮膚がんなどの細胞を育てたことのある培養液を加えた。4週間後には、がん幹細胞のような細胞になった。

 この細胞を8匹のマウスに移植すると、悪性のがんになった。血管を盛んに作り、がんの特徴もみられた。肺への転移も起きた。iPS細胞を移植しても、このようなことは起きない。

 がん幹細胞はがん組織に数%しかなく、取り出すのが難しい。iPS細胞から作ることができれば、製薬会社などが新薬候補物質の探索などに利用できる。


スポンサードリンク

 <  前の記事 まずは禁煙から、生活習慣病のリスクを防止  |  トップページ  |  次の記事 がん告知で自殺リスク12倍、心臓病死も5.6倍に  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴