Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  抗がん剤やめ、穏やかな時間

スポンサードリンク

抗がん剤やめ、穏やかな時間


抗がん剤やめ、穏やかな時間

読売新聞のコラム記事のようです。

抗がん剤についてのコラムですが、

やはり考えさせられる問題ですね。

抗がん剤!

効いているのかいないのか!

副作用に苦しみぬいて生き続けることがいいことなのか!

正直わからない大きな問題ですが、

自分はどうするのだろう、

こ¥しっかり考えておかなくてはならない問題ですね。


抗がん剤やめ、穏やかな時間

<以下、記事の引用です>

からだコラム がんの診察室 抗がん剤やめ、穏やかな時間

 「抗がん剤をやめるなんて考えられません」

 Fさん(57)は、11年前に乳がんの手術を受け、その後まもなく、骨と肝臓に転移が見つかりました。それ以来、抗がん剤治療、ホルモン療法、骨への放射線治療など、休むことなく治療を続けてきましたが、病状は徐々に進行しています。これまでに使った抗がん剤は19種類、ホルモン療法は6種類。繰り返し使っている薬もあります。

 私の転勤で、ここ数年は別の医師の治療を受けていますが、時々、私の診察室にもやってきます。私は「抗がん剤をしない方が、穏やかな時間を過ごせるはず」と提案してきました。

 でも、Fさんは「副作用より何もしないことの方が耐えられない。頑張る姿を家族に見せたい」と、治療にこだわりました。副作用で体調を崩しても、「次の抗がん剤を使うために元気になりたい」というFさん。抗がん剤が生活のすべてになり、追いつめられているようでした。

 「抗がん剤のために生きているわけじゃない。治療のことで悩むのはもうやめにしましょう」。私は、改めて強く主張しました。

 先日お会いしたFさんは、今までにない穏やかな表情で言いました。「抗がん剤はやめます。治療しなくてよいという意味が、ようやくわかりました。はっきり言ってもらって気づかされた」

 10年以上、病気や治療と向き合い、悩み抜いて、たどりついた結論でした。

 「家族と一緒の時間を大事にしたい。桜を見に行くのが今の楽しみ」と話すFさんの笑顔に、人間本来の美しさを感じました。(虎の門病院臨床腫瘍科部長、高野利実)

(2012年4月7日 読売新聞)

スポンサードリンク

 <  前の記事 がん細胞を攻撃 分子標的薬 皮膚障害の副作用も  |  トップページ  |  次の記事 海藻で甲状腺がん増加 ただし閉経後の女性のみ  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴