Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  遺伝子の異常融合発見=肺腺がん細胞、増殖原因-がんセンター

スポンサードリンク

遺伝子の異常融合発見=肺腺がん細胞、増殖原因-がんセンター


遺伝子の異常融合発見=肺腺がん細胞、増殖原因-がんセンター

肺がんのうち、日本人の半数は肺腺がんとのことです。

その肺腺がんの日本人患者、319人を調べたところ、

6人に本来結びつかない遺伝子が融合しているのが発見されました。

融合によって酵素のキナーゼの働きが強まり、肺腺がんの細胞が増殖するというものです。

遺伝子の異常な融合という原因で、

肺腺がんの細胞が増殖してしまうことは後天的な作用で、

しかも非喫煙者の人のため、たばこの影響では無い用です。

キナーゼの働きを抑えることができれば増殖が抑制されるため、

治療の方法はあるようです。


遺伝子の異常融合発見=肺腺がん細胞、増殖原因-がんセンター


<以下、記事の引用です>


遺伝子の異常融合発見=肺腺がん細胞、増殖原因-がんセンター
 日本人の肺がん患者の半数を占めるとされる肺腺がんで、原因とみられる遺伝子の異常な融合を、国立がん研究センターの河野隆志研究所ゲノム生物学研究分野長らのグループが発見した。米医学誌ネイチャー・メディシンで13日までに発表した。
 河野氏によると、日本人の肺腺がん患者319例を調べたところ、うち6例で本来結び付くはずのない遺伝子の「KIF5B」と「RET」が融合していた。融合によってできたたんぱく質の中にある酵素「キナーゼ」の働きが異常に強まり、肺腺がん細胞が増殖することが分かった。
 遺伝子の融合は後天的な影響とみられる。今回異常が判明したのはいずれも非喫煙者で、たばこ以外の要因が考えられる。
 キナーゼの働きを抑えると、がん細胞の増殖が抑制されることも確認。米国で甲状腺がんの治療薬として承認されている「バンデタニブ」で、同様の効果が見込まれるという。(2012/02/13-03:07)

スポンサードリンク

 <  前の記事 Dr.中川のがんの時代を暮らす:/26 喫煙率に数値目標  |  トップページ  |  次の記事 男性は女性の4倍もがんになりやすい!!!  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴