Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  唾液から“がん”が発見できる時代へ!

スポンサードリンク

唾液から“がん”が発見できる時代へ!


唾液から“がん”が発見できる時代へ!

唾液を調べることで様々なことが発見できるのは知っていましたが、

なんと《がん》を発見できる研究が進んでいます。

<唾液は血液から作られていて血中成分を反映する>ということで、

血液検査をするのと同じ効果があるようです。

注射針の痛さがなく、簡単ですばやくできる!

こんな検査であれば誰でも喜んで受けられますね!

まずは前立腺がんから始まって、乳がん、膵臓がん、口腔がんなどの

様々ながんを見つけるための新マーカー開発に進んでいくようです。

期待できますね!


唾液から“がん”が発見できる時代へ!


<以下、記事の引用です>

唾液から“がん”が発見できる時代へ! 2011.12.21

唾液を分析装置にかける神奈川歯科大・槻木恵一教授【拡大】


 人の唾液を調べて、健康・医療に役立てる研究が進んでいる。最近では、前立腺がんの腫瘍マーカー(血液検査)であるPSA(前立腺特異抗原)検査が唾液でも行えることが報告された。唾液でどこまでわかるのか。唾液検査の現状について専門家に聞いた。

 ■血液と唾液の関係

 PSAは唾液中にも含まれ、前立腺がん手術後の再発・転移を調べるのにも有効だとの研究結果をまとめたのは、神奈川歯科大学の槻木恵一教授(唾液腺健康医学)らのグループだ。

 研究によると、前立腺がん患者31人を調べ、再発や転移が見つかった11人はPSAの血中濃度が高い上に、血中濃度が上がるにつれ唾液中の濃度も上がっていた。再発・転移のない20人は血中濃度が低く、唾液中にもほとんど含まれていなかったという。

 現在、唾液用の検査キットを開発中で、今年度中にはさらに大規模研究がスタートする運びだ。

 ■偽陰性なく十分有効

 PSAは前立腺から分泌される物質で、がん以外でも前立腺に病気があると血中濃度が高くなる。

 では、なぜ唾液中にもPSAが現れるのか。

 槻木教授は「唾液は血液から作られていて、血液成分を反映するからです」と話し、唾液検査の精度をこう説明する。

 「欠点をいえば、口腔内の細菌や病変に影響を受ける場合があり、さらに唾液は血液より濃度の幅が大きい。ただし、PSA唾液検査では、偽陽性の可能性はあっても偽陰性はなく、スクリーニングに十分有効です」

 とくに大きな利点は「痛くない、簡単、誰でも採取できる」ところだ。

 ■唾液に有望な将来性

 槻木教授は「最も大切な成果は、すでに広く使われている腫瘍マーカーが、唾液検査に応用できることが分かったこと。早く実用化に取りかかれるのです」と話す。

 これまでも唾液でがんを発見する研究はあったが、新しいマーカーを見つけることに重点が置かれているため、実用化にはまだ時間がかかる。たとえば、慶応大では唾液から、すい臓がん、乳がん、口腔がんを見つけるための新しいマーカーの開発が進められている。

 唾液腺と全身の関係や唾液中の無数の成分には解明されていないことが多く、今後も唾液腺関連研究の進展次第では、まだ多くの検査や病気予防への応用の将来性が秘められているという。

 槻木教授は、現在取り組む有望な研究テーマの概要をこう話す。

 「唾液には多数の抗菌物質が含まれ、この量の違いが、唾液の質の差となり健康のバロメーターになる。また、舌下部からある唾液成分が血液に再吸収されているが、その成分の働きが全身の健康に大きく関与していることに注目しています」

 今後の唾液研究に大いに期待したいところだ。

■唾液からわかる主な検査項目
○虫歯のなりやすさ
○歯周病の状態
○HIVウイルスの有無
○ストレスの測定
○喫煙習慣
○大麻や覚醒剤の使用の有無
△乳がん・前立腺がんのスクリーニング
△生体の活性度(免疫力)
△疲労度(ウイルスの量)
△妊娠しているかどうか
△性病関連の検査
△環境汚染の程度(環境ホルモンの量)
※○は検査が確立・実用化されている。△は研究中で今後の実用化が可能

スポンサードリンク

 <  前の記事 便秘の目安は週4以下 便の臭いが強いと腸内に悪玉菌が多い  |  トップページ  |  次の記事 Dr.中川のがんの時代を暮らす:/20 DNA傷つけるラドン  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴