Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  肉を多く食べると大腸がん!!やはりね!

スポンサードリンク

肉を多く食べると大腸がん!!やはりね!

肉を多く食べると大腸がん…調査で裏付けられる

8万人を対象にした研究調査の結果は重いですね。

やはり焼肉を食べなくなって正解です!

5~6%程度の差なら運の差で片付けられますが、

50%近い数字に表れては問題です。

家族もこのニュースをみてびっくりしていました。

少しお肉は控えよう!という夕食の会話!!

今日の料理は野菜いっぱいのトマトベースのお鍋!!

これから毎日野菜を食べまくることに決定!!です。


肉を多く食べると大腸がん…調査で裏付けられる


<以下、記事の引用です>

肉を多く食べると大腸がん…調査で裏付けられる

「がん」の記事をお探しですか?最新関連記事が 20+ 件 あります。
 肉を多く食べる日本人は大腸がんになるリスクが高いことが、約8万人を対象にした約10年におよぶ国立がん研究センターの追跡調査でわかった。


 同センターが28日、発表した。牛や豚などの赤肉を食べると大腸がんのリスクが上がることは、世界がん研究基金と米がん研究協会が報告していたが、今回の大規模調査で日本についても裏付けられた。

 岩手や長野、茨城、沖縄など9県在住の45~74歳の男女約8万人を対象に、1995年から2006年まで追跡調査した。このうち大腸がんになった1145人(結腸がん788人、直腸がん357人)について肉類の摂取量との関連を調べたところ、摂取量と結腸がんに関係がみられた。

 男性は、肉類全体の摂取量が最も多いグループ(1日当たり約100グラム以上)のリスクが、最も少ないグループ(同約35グラム未満)の1・44倍だった。女性でも、赤肉(牛と豚肉)の摂取量最大のグループ(同約80グラム以上)が、最少グループ(同約25グラム未満)の1・48倍に上った。

(2011年11月28日12時01分 読売新聞)

スポンサードリンク

 <  前の記事 「ジョブズ氏、当初がん手術拒み後悔」 伝記作者 2011/10/21 9:28  |  トップページ  |  次の記事 Dr.中川のがんの時代を暮らす:/15 医療被ばく量、世界最多  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴