Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  妊娠後すぐ禁煙すれば、赤ちゃんの体重平均並みに 英研究

スポンサードリンク

妊娠後すぐ禁煙すれば、赤ちゃんの体重平均並みに 英研究


妊娠後すぐ禁煙すれば、赤ちゃんの体重平均並みに 英研究

女性の喫煙が胎児に与える影響はすごいものなんですね。

体重が平均300グラムも少ないとは!!!

妊娠後すぐ禁煙すれば、赤ちゃんの体重平均並みに 英研究

<以下、記事の引用です>

妊娠後すぐ禁煙すれば、赤ちゃんの体重平均並みに 英研究 2011年07月11日 14:59 発信地:ストックホルム/スウェーデン

ブラジル首都ブラジリア(Brasilia)で、胎児への喫煙の影響が描かれたタバコのパッケージと、タバコに火をつける女性(2003年9月12日撮影、資料写真)。(c)AFP/Evaristo SA
関連写真1/1ページ全1枚

【7月10日 AFP】妊娠していることが分かった時点で母親が喫煙をやめれば、生まれてくる子どもの出生時体重は非喫煙者の出産した赤ちゃんと同程度になるとの研究が、4日にスウェーデン・ストックホルム(Stockholm)で開催された欧州ヒト生殖学会(European Society of Human Reproduction and Embryology、ESHRE)で発表された。

 英サウサンプトン大学(University of Southampton)のニック・マックロン(Nick Macklon)教授(産婦人科学)によると、出生時体重は、長期的な健康を考える上で重要な指標となる。

 同教授の研究チームは、2002~2010年に妊婦となったサウサンプトン在住の5万人を調査。妊娠が分かった時点で禁煙した母親の産んだ赤ちゃんは、そのまま喫煙を続けた母親の赤ちゃんよりも平均で300グラム重かった。また、妊娠7~8週ごろに初めて病院を訪れた妊婦の追跡調査を行ったところ、妊娠後2か月ごろに妊娠に気づいた場合でも、その時点で禁煙すれば平均体重の赤ちゃんを出産できる可能性が高いことが示唆されたという。

「妊娠に気づいてすぐたばこをやめれば、手遅れではない」と、マックロン教授はAFPの主題に語った。

 とはいえ、母体の喫煙は出生時体重以外にも胎児にさまざまな悪影響を及ぼすと、マックロン教授は強調。「本当は『妊娠する前に禁煙しなさい』というメッセージを伝えるべきだ。だが現実世界では、意図せずに妊娠する人も多い。だから今回の研究は、そのような人びとにとって良いメッセージになると言える」と述べた。(c)AFP

スポンサードリンク

 <  前の記事 長年のデスクワークとがんの関連性  |  トップページ  |  次の記事 「芳雄さん、ありがとう」阪本順治監督が弔辞  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴