Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  前立腺がんリスク減少にコーヒーが効果

スポンサードリンク

前立腺がんリスク減少にコーヒーが効果


前立腺がんリスク減少にコーヒーが効果

コーヒーはそんなにいいものだとは!

コーヒーを飲まない私には残念です。

紅茶ではだめなのか!!!

コーヒーの成分が持つ抗酸化作用や抗炎症作用と、前立腺がんリスクの低下に関係がある

抗酸化作用と抗炎症作用がいいわけですね。

スターバックスのラテなら飲めるのでこれからは飲んでみようかな!

前立腺がんリスク減少にコーヒーが効果


<以下、記事の引用です>

前立腺がんリスク減少にコーヒーが効果、米研究 2011年05月18日 18:38 発信地:ワシントンD.C./米国

エルサルバドルの首都サンサルバドル(San Salvador)のコーヒーショップで提供されるカフェラテ(2010年4月16日撮影)。(c)AFP/Jose CABEZAS
関連写真1/1ページ全1枚

【5月18日 AFP】前立腺がんの予防については、コーヒーはたくさん飲むほど良いとする研究結果を17日、ハーバード公衆衛生大学院(Harvard School of Public Health)が発表した。

 コーヒーをまったく飲まない男性に比べて、1日6杯以上のコーヒーを飲む男性のほうが、死に至る前立腺がんにかかるリスクは60%、前立腺がん自体が発現するリスクも20%低いことが、この研究で明らかになった。1日1~3杯のコーヒーでも、死に至る前立腺がんにかかるリスクは30%低かった。カフェイン含有の有無による効果の差はなかった。研究者たちは、コーヒーの成分が持つ抗酸化作用や抗炎症作用と、前立腺がんリスクの低下に関係があるのではないかと考えている。

 前立腺がんは米国の男性に最も多く診断されるがんだが、すべてが致死性というわけではなく、早期に血液検査で発見できる。

 今回の研究では4万7911人の米国人男性を対象に、1986年から2008年までの間の4年ごとに飲んでいるコーヒーの量を調査した。この研究期間中に計5035件の前立腺がん診断が報告され、そのうち642件については転移や死亡が報告された。

 コーヒー常用者における前立腺がんリスクの低下は、喫煙や運動不足など、がんリスクが増大するとされる他の要因を加えても認められた。(c)AFP

スポンサードリンク

 <  前の記事 免疫細胞治療II  |  トップページ  |  次の記事 乳がん:患者に月1回、温泉貸し切り 三重・三休の湯  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴