Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  タンパク質が血管作り制御解明 がんや心筋梗塞治療に

スポンサードリンク

タンパク質が血管作り制御解明 がんや心筋梗塞治療に

タンパク質が血管作り制御解明 がんや心筋梗塞治療に


タンパク質が血管作り制御解明 がんや心筋梗塞治療に


<以下、記事の引用です>


タンパク質が血管作り制御解明 がんや心筋梗塞治療に

 血管の細胞膜にある特定のタンパク質の働きを調節すると、新しい血管の形成を抑えたり促したりできるメカニズムを京都府立医大のチームが解明し、16日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。

 同大学の松原弘明教授(循環器内科学)は「がんにつながる血管を減らして増殖を抑えるほか、血管形成を促進すれば、血流をよくして心筋梗塞などの治療に活用できる」としている。

 チームによると、このタンパク質は「ARIA」と呼ばれ、血管内側の細胞や血管に分化する細胞の細胞膜にあり、細胞の過剰な増殖を抑える酵素「PTEN」を細胞膜に引きつけて結び付く。

2011/05/17 04:02 【共同通信】

スポンサードリンク

 <  前の記事 早期発見!肺の生活習慣病  |  トップページ  |  次の記事 免疫細胞治療II  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴