Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  早期発見!肺の生活習慣病

スポンサードリンク

早期発見!肺の生活習慣病


早期発見!肺の生活習慣病

超ヘビースモーカーでマージャンをしながらタバコを吸う、

和田アキ子しかイメージは沸きませんが、

なんと2008年に肺気腫になり禁煙したとのこと!

驚きびっくり!!

”さんま”を禁煙させてくれるようですので楽しみです。


早期発見!肺の生活習慣病


<以下、記事の引用です>


早期発見!肺の生活習慣病
1/5
増加の一途
「COPD広報大使」の特大名刺
を持つ歌手の和田アキ子さん【時事通信社】
 息切れに、せきやたん―。そんな症状が続いていないだろうか? もし続いていたら、肺に慢性的な炎症を起こす「慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)」の可能性がある。喫煙が主因とされ、「肺の生活習慣病」と呼ばれるこの病気の患者は、日本には500万人以上いるとみられる。だが、無症状の時間が長い傾向があることから、罹患(りかん)していても医師の診察を受けず、早期発見が遅れるケースが少なくない。

 2011年5月11日、歌手の和田アキ子さんが製薬会社から「COPD広報大使」に任命された。和田さんは08年に肺気腫と診断されたのを機にたばこを絶って以来、体調は良好だとか。COPDの実像をよく知るために、「大使就任式」での専門医の講演と、和田さんの体験談を聞いてきた。

スポンサードリンク

 <  前の記事 団鬼六さん逝く 79歳  |  トップページ  |  次の記事 タンパク質が血管作り制御解明 がんや心筋梗塞治療に  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴