Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  がん細胞「老化」させ増殖抑制 広島大、マイクロRNAで

スポンサードリンク

がん細胞「老化」させ増殖抑制 広島大、マイクロRNAで


がん細胞「老化」させ増殖抑制 広島大、マイクロRNAで

次世代の抗がん剤が開発されたようです。

がん細胞を老化させてしまい、

増殖や転移を防ぐという「マイクロRNA」

体内で作られる物質のため副作用のリスクが少ないとのこと。

子宮頸がんと乳がんのがん細胞に効果大!

期待できそうですね!!!

がん細胞「老化」させ増殖抑制 広島大、マイクロRNAで

<以下、記事の引用です>

がん細胞「老化」させ増殖抑制 広島大、マイクロRNAで


 miR22を投与されたマウス(画像2)は非投与のマウス(画像1)に比べ、乳がん(着色部分)の増殖や転移が抑えられている

 細胞や血液などに含まれる「マイクロRNA」と呼ばれる物質の一種に、乳がんと子宮頸がん細胞を「老化」させ、がんの増殖や転移を抑える働きがあることを広島大の田原栄俊教授(細胞分子生物学)らのチームが突き止め、18日付の米科学誌に発表した。

 田原教授は「マイクロRNAは生体内でつくられる物質で、既存の抗がん剤に比べ副作用のリスクが低い。次世代の抗がん剤への活用が期待できる」と話している。

 田原教授が着目したのは「miR22」という物質で、培養された乳がんと子宮頸がんのがん細胞に加えると、老化が進み、増殖が抑えられた。

2011/04/18 22:02 【共同通信】


スポンサードリンク

 <  前の記事 イチゴに食道がん予防効果の可能性―米研究者  |  トップページ  |  次の記事 「キャンディーズ」スーちゃん、55歳で乳がん死…田中好子さん、闘病19年  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴