Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  日本人に多いといわれる「食道がん」の発生する主な原因と予防法とは?

スポンサードリンク

日本人に多いといわれる「食道がん」の発生する主な原因と予防法とは?


日本人に多いといわれる「食道がん」の発生する主な原因と予防法とは?

日曜日の朝のテレビ番組で<食道がん>について取り上げられていました。

強いアルコールは粘膜を傷つけてしまうためよくないとのこと。

アルコールに含まれる「アセトアルデヒド」を分解する酵素が少ない日本人は

より食道がんになりやすいそうです。

お酒をたくさん飲む方は覚悟の上で飲まねばなりませんね!

日本人に多いといわれる「食道がん」の発生する主な原因と予防法とは?


<以下、記事の引用です>


日本人に多いといわれる「食道がん」の発生する主な原因と予防法とは?

日本人の食道がんのうち90%以上を占める、のどから胃にかけての食道全体に発症する「扁平上皮がん」。この最大の原因は「お酒」。アルコール度数が高いお酒は、食道の粘膜を傷つけ、細胞の修復が繰り返される中でミスコピーが起こり「がん化」してしまうのだ。

そして、お酒に含まれる発がん物質の「アセトアルデヒド」が、飲酒時に食道に付着することもがん化の可能性を高めてしまうという。しかし、日本人よりもお酒を飲む人種は他にも多数いるように思える。なぜ、日本人に食道がんが多いのか?それはアセトアルデヒドを分解する酵素の働きが弱いことが大きな原因なのだ。

自分の体内におけるこの酵素の働きを分析することで、自分が食道がんになりやすいタイプかどうかがわかる。病院に行かずともそのタイプをある程度まで理解できる方法を専門医から学ぶ。さらには、お酒を控えること以外の食道がん対策や早期発見法、また食道がんになってしまった時の治療法、手術法を学んでいく。

■出演者
MC 三宅裕司
進行 根本美緒
ゲスト 目黒祐樹
プレゼンター パックンマックン

■『週刊!健康カレンダー カラダのキモチ』
2011/02/27(日)07:00~07:30(CBC製作・TBS系)
最終更新 2011/02/26 12:11

スポンサードリンク

 <  前の記事 大麻の成分、がん患者の食欲回復に効果 カナダ研究  |  トップページ  |  次の記事 米アップルのジョブズCEO、おぼつかない足取りでカフェを出る  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴