Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  大麻の成分、がん患者の食欲回復に効果 カナダ研究

スポンサードリンク

大麻の成分、がん患者の食欲回復に効果 カナダ研究


大麻の成分、がん患者の食欲回復に効果 カナダ研究

「デルタ-9-テトラヒドロカンナビノール(THC)」のカプセルは

抗がん剤の治療で食欲が無くなった方にはいい薬になりそうです。

長期的な服用も可能なことから、

ぜひ日本でも普及してくれればと思います。

大麻の成分、がん患者の食欲回復に効果 カナダ研究


<以下、記事の引用です>

大麻の成分、がん患者の食欲回復に効果 カナダ研究 2011年02月24日 08:23 発信地:パリ/フランス

イスラエル南部の村Ami Ozの違法な大麻製造所を捜索する警察(2010年10月10日撮影、資料写真)。(c)AFP/DAVID BUIMOVITCH
関連写真1/1ページ全1枚

【2月24日 AFP】服用者を「ハイ」にさせ、食欲を刺激することでも知られる大麻の成分が、がん患者に食の楽しみを取り戻させるのに役立つとする研究結果が、23日の英医学誌「Annals of Oncology(腫瘍学年報)」に発表された。

 カナダ・アルバータ大(University of Alberta)などの研究チームは、化学療法を受けている進行がん患者21人を対象に、大麻に含まれている精神活性化合物「デルタ-9-テトラヒドロカンナビノール(THC)」のカプセルかプラセボ(偽薬)を18日間服用してもらい、実験終了時にさまざまなアンケートに答えてもらった。

「食欲が以前よりもある」と回答したのは、THCを服用したグループで73%、プラセボを服用したグループで30%。「食べ物が以前よりもおいしくなった」がTHCグループで55%、プラセボグループで10%だった。

■THC服用で風味を楽しむように

 なお、摂取したカロリー数は両グループで大差がなかったが、THCグループでは、実験開始時よりもたんぱく質の摂取量が増え、風味の良い料理を味わって食べるようになったことが確認された。

 さらにTHCグループはプラセボグループよりも睡眠の質が高く、リラックスの度合いが高いことも明らかになった。

 がんまたはその治療は、しばしば患者の食欲を奪う。肉のにおいや味を不快に思う患者も多く、食事の量が減って、体重が激減することがある。

 そのため同大のウェンディ・ウィスマー(Wendy Wismer)准教授は、味覚や嗅覚、食欲を失った患者にTHCを服用させることを推奨している。

 THCは忍容性が高く、副作用の点でもプラセボとの差はなかったことから、長期的な服用も可能と考えられるという。(c)AFP

スポンサードリンク

 <  前の記事 ファイトケミカル、老化・がん予防に効果  |  トップページ  |  次の記事 日本人に多いといわれる「食道がん」の発生する主な原因と予防法とは?  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴