Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  人工光に長時間 がん増殖の恐れ 産業医大 マウス実験分析

スポンサードリンク

人工光に長時間 がん増殖の恐れ 産業医大 マウス実験分析


人工光に長時間 がん増殖の恐れ 産業医大 マウス実験分析

がんは生活習慣病!

夜勤などで体を壊す人が多いのは聞いていました。

自律神経などもめちゃくちゃになってしまうようです。

生活習慣を規則正しくすることが、がんにならない最善の方法ですね。

人工光に長時間 がん増殖の恐れ 産業医大 マウス実験分析

<以下、記事の引用です>


人工光に長時間 がん増殖の恐れ 産業医大 マウス実験分析
2011年2月5日 01:33 カテゴリー:九州 > 福岡
 夜行性のマウスに人工照明を長時間当て続けると、体内のがん細胞が著しく増殖したとする実験結果を、産業医大(北九州市八幡西区)の大学院医学研究科長、河野公俊教授(分子生物学)などの研究グループが発表した。河野教授は「長時間勤務や交代勤務に従事して昼夜逆転している人は、生活習慣や勤務形態を改善することでがんの予防に役立つのではないか」と話している。

 実験はマウス計80匹に人のがん細胞を移植。40匹を24時間蛍光灯を点灯し続けた環境に、残りの40匹を12時間ごとに点灯と暗闇を繰り返す状態にし3週間後のがん細胞の増え方を調べた。

 その結果、24時間点灯を続けたマウスのがん細胞は、点灯と暗闇を繰り返したマウスに比べ、2-3倍に増加したという。河野教授は「暗い場所を好むマウスにとって光はストレスとなり、がん細胞の増殖を促す細胞増殖因子を増やしたといえそうだ」と分析。今後、詳細な解析を行い、がん予防や治療に役立てるという。

=2011/02/05付 西日本新聞朝刊=

スポンサードリンク

 <  前の記事 毎日5,000個のガン細胞ができている!? - 7割が「知らない」と回答  |  トップページ  |  次の記事 Dr.中川のがんから死生をみつめる:/93 英語で「カニ」と呼ぶわけ  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴