Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  探知犬、がん患者かぎ分け 呼気実験で成功率9割超

スポンサードリンク

探知犬、がん患者かぎ分け 呼気実験で成功率9割超


探知犬、がん患者かぎ分け 呼気実験で成功率9割超

日本のワンちゃんがすごい能力を発揮しています。

がん探知犬のマーリン!

ほんとにがんの人からは、がんの臭いが出ているんですね。

このがんの臭気を見つけることができれば素晴らしいことになります。

高価な検査の必要が無くなるかもしれません。

期待大ですね。

探知犬、がん患者かぎ分け 呼気実験で成功率9割超

<以下、記事の引用です>

探知犬、がん患者かぎ分け 呼気実験で成功率9割超


 「がん探知犬」のマリーンと、セントシュガーがん探知犬育成センターの佐藤悠二所長=2010年12月、千葉県南房総市

 犬の嗅覚を利用して、がん患者の呼気などをかぎ分ける「がん探知犬」を使った九州大の研究者らの実験で、9割以上の精度で判別に成功したことが、29日までに分かった。近く英国の医学誌「GUT」で発表される。

 実験は、セントシュガーがん探知犬育成センター(千葉県南房総市)と、九州大大学院消化器総合外科(福岡市)の園田英人助教らが約300人分の検体を集めて実施。2008年11月から09年6月にかけ、ラブラドルレトリバーのマリーン(9歳、雌)にかぎ分けさせた。

 五つの容器のうち一つだけに大腸がん患者の呼気を詰めて並べ、マリーンがどれを選ぶかを試したところ、計36回のうち33回は正解を選んだ。

 呼気の代わりに便から採取した液状の検体を使った実験では、38回中37回正解した。

 同センターの佐藤悠二所長によると、マリーンは嗅覚が特に優れていたため「体内の臭いで、病気をかぎ分けられるのではないか」と考え、呼気で食べた物を当てるなどの訓練を積んだという。

 乳がんや胃がん、前立腺がんで数例試した場合も、かぎ分けに成功したといい、園田助教は「がん特有の臭いに反応したと推測できる。臭いの原因物質を特定できれば、がんの早期発見にもつながる」と話している。

2011/01/29 07:33 【共同通信】

スポンサードリンク

 <  前の記事 Dr.中川のがんから死生をみつめる:/92 企業検診、高まる重要性  |  トップページ  |  次の記事 犬の嗅覚は大腸内視鏡検査に匹敵-がん「特有の臭い」、検査法改善も  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴