Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  岡山大が「REIC」治療スタート 世界初、前立腺へ投与開始

スポンサードリンク

岡山大が「REIC」治療スタート 世界初、前立腺へ投与開始


岡山大が「REIC」治療スタート 世界初、前立腺へ投与開始

がん治療遺伝子の治療が始まりました。

世界初の試みとのこと!

1年かけて実用化に向けて研究を進めるようです。

人の臨床研究ですから成果が上がってくれれば素晴らしいですね。


岡山大が「REIC」治療スタート 世界初、前立腺へ投与開始

<以下、記事の引用です>

岡山大が「REIC」治療スタート 世界初、前立腺へ投与開始

 岡山大病院は25日、がん治療遺伝子「REIC(レイク)」による前立腺がん治療をスタートした。REICは同大が2000年に発見し、ヒトへの投与は世界初。1年かけて有効性と安全性を検証し、実用化につなげる。

 那須保友・新医療研究開発センター教授、公文裕巳・遺伝子細胞治療センター長らが臨床研究として実施。この日午前、70代男性患者=岡山県在住=に対し、超音波モニターで患部を確認しながら、REICと運び役となるアデノウイルスを組み合わせた製剤(1ミリリットル)を患部に注射し、治療は15分で終了した。2月8日に同量を再度注射し、3月下旬に前立腺を全摘。がん細胞の減少や副作用を調べる。

 男性は病理検査などから、前立腺を全摘してもがん再発の可能性が70%以上と診断され、今回の治療に同意した。ホルモン療法などが効かないタイプの患者と併せ、臨床研究は最大36人に行う。

スポンサードリンク

 <  前の記事 3年前に告知も…延命拒否した和田勉さん、専門医は?  |  トップページ  |  次の記事 エーザイの乳がん新薬を承認へ 物質探しから25年  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴