Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  「不整脈治療につなげたい」 久留教授が会見

スポンサードリンク

「不整脈治療につなげたい」 久留教授が会見


「不整脈治療につなげたい」 久留教授が会見

ペースメーカーに代わる不整脈の治療ができるようになるかも!

ペースメーカー細胞なるものがあり、

その細胞を取り出すことに成功したとのこと。

不整脈の人の治療が変わるかもしれません!

「不整脈治療につなげたい」 久留教授が会見


<以下、記事の引用です>


「不整脈治療につなげたい」 久留教授が会見
2011年01月14日
 マウスの心臓組織から、心臓の拍動をつかさどる「ペースメーカー細胞」だけを取り出すことに世界で初めて成功した鳥取大学大学院医学系研究科の久留一郎教授(53)が13日、米子市西町の鳥取大学医学部付属病院で会見を開き「10年以内にサルでの研究を終え、将来的には人間の不整脈の治療につなげたい」と話した。


緑色に光っている部分がペースメーカー細胞の集団(久留一郎教授提供)
 久留教授のグループが開発した技術は、将来的には現在不整脈患者が体内に埋め込んでいる機械式ペースメーカーの代わりになると期待される技術。心臓を拍動させるために電気を作り出すペースメーカー細胞に着目し、電気を作り出す能力が低下して通常より心拍数が落ちる徐脈性不整脈についてペースメーカー細胞を心臓に移植すれば回復するという仮説に基づいて研究してきた。

 第一段階として、マウスの胚性幹細胞(ES細胞)から出来た心臓組織の中からペースメーカー細胞だけを取り出す技術を確立した。具体的には、電気を作るタンパク質の設計図となる遺伝子を目印としてペースメーカー細胞が緑色に発光するよう細工して取り出すという。

 取り出したペースメーカー細胞を、拍動を人工的に弱めたラットの心臓に移植したところ拍動が回復。今後は、ウサギやサルで人間のES細胞を使って同じことができるよう研究を続け、人間での技術の活用が最終目標となる。

スポンサードリンク

 <  前の記事 胃がん増殖助長する遺伝子発見、新治療薬期待 東大など  |  トップページ  |  次の記事 ナイル・ロジャース、癌を公表  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴