Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  癌(がん)細胞は自らの死滅を促すシグナル発信機能をもつ

スポンサードリンク

癌(がん)細胞は自らの死滅を促すシグナル発信機能をもつ


癌(がん)細胞は自らの死滅を促すシグナル発信機能をもつ

がんの研究がますます進んでいるようです。

自らの死滅を促す<eat me シグナル>を発するというタンパク質があるとのこと。

難しいニュース記事ですが、このような地道な研究によって

がんもいつかは制圧できる日が来るかもしれませんね。

癌(がん)細胞は自らの死滅を促すシグナル発信機能をもつ

<以下、記事の引用です>

癌(がん)細胞は自らの死滅を促すシグナル発信機能をもつ

 癌(がん)細胞の多くが、免疫細胞の貪食作用を促す “eat me”シグナルを発する蛋白(たんぱく)をその表面に備えていることが、新しい研究により示された。今後の課題は、癌細胞にこのシグナルを発信させる方法を明らかにすることであると、研究グループは述べている。
 医学誌「Science Translational Medicine(サイエンス・トランスレーショナル医療)」オンライン版に12月22日掲載された今回の研究によると、細胞はカルレティキュリンcalreticulinという蛋白を発現することによってこのシグナルを発信するという。一方、CD47と呼ばれる物質(細胞表面蛋白)は逆に貪食を拒否する “don’t eat me”シグナルを発し、癌細胞を死滅から守る。過去の研究から、CD47を阻害する抗体が癌治療に有効であることが示されていた。「多くの正常細胞がCD47を有するが、これらは抗CD47抗体の影響を受けず、抗CD47抗体が癌細胞だけを選択的に死滅させる理由は不明であった」と、研究の筆頭著者である米スタンフォード大学(カリフォルニア州)のMark Chao氏は述べている。

 今回の研究では、一部の白血病、非ホジキンリンパ腫、膀胱癌、脳腫瘍、卵巣癌などのさまざまな癌にカルレティキュリンが存在することが示され、「CD47のシグナル阻害が癌治療に有効である理由はそのためであることが判明した」と、共同研究者である同大学のIrving Weissman博士は述べている。また、ほとんどの正常細胞はカルレティキュリンを発現しておらず、抗CD47抗体に曝露しても死滅しないこともわかった。

 「研究の次のステップは、カルレティキュリンが疾患経過にどのように寄与するのか、また細胞に何が起きてこの蛋白が細胞表面に移動するのかを明らかにすることである」と共同研究者のRavindra Majeti博士は述べている。


原文

[2010年12月22日/HealthDay News]

Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

スポンサードリンク

 <  前の記事 生活習慣と前立腺がんの深い関係  |  トップページ  |  次の記事 胃がん増殖助長する遺伝子発見、新治療薬期待 東大など  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴