Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  ガンの化学療法の副作用を軽減してくれるアイスクリームをニュージーランドの科学者が開発

スポンサードリンク

ガンの化学療法の副作用を軽減してくれるアイスクリームをニュージーランドの科学者が開発


ガンの化学療法の副作用を軽減してくれるアイスクリームをニュージーランドの科学者が開発

2009年10月の記事にこんなアイスクリームの記事がありました。

1年経ちますが、あれ以来話題になったことはないようですね。

開発経費がかなりかかっているようですが、

どうなってしまったんでしょうか?

効果があるならアイスクリームでなくてもいいような気もしますね。


ガンの化学療法の副作用を軽減してくれるアイスクリームをニュージーランドの科学者が開発


<以下、記事の引用です>

2009年10月31日 09時00分06秒 ガンの化学療法の副作用を軽減してくれるアイスクリームをニュージーランドの科学者が開発


食べると体に良い効果があるというチョコレートや、痛みや不調を和らげるのど飴など、薬としての側面を持つお菓子はいろいろありますが、ガンの化学療法の副作用を抑えてくれるというアイスクリームが海外で開発されたそうです。

化学療法の副作用は強いものもあるため、甘みを楽しみながらその副作用を抑制してくれるというのはお得な感じがしますが、本当に効果があるのでしょうか。

詳細は以下から。
'Medicinal ice cream' to help fight cancer - Telegraph

この記事によると、ニュージーランドの乳業会社Fonteraの農場を使ってオークランドにある大学の研究者がアイスクリームを開発し、ガンの化学療法による副作用に対して有望な効果を示しているのだそうです。そのアイスクリームは「ReCharge(リチャージ)」と呼ばれていて、乳製品に含まれる有効成分によって、化学療法による下痢・貧血・食欲不振といった副作用を軽減するのだとのこと。

Fontera社の技術チーフであるJeremy Hillさんは「リチャージのために開発した生物活性効果のある乳成分が、化学療法の副作用に対して体を補佐する可能性を秘めている」と述べており、アイスの開発には200万ドル(約1.8億円)のコストがかけられています。

現在、イチゴ味の「リチャージ」を1日100グラムずつ食べるという試験が行われているそうですが、かなりのアイス好きでないと毎日食べ続けるのは逆に苦痛になるかもしれません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 がん死亡リスク、アスピリン常用で大幅減、英大研究  |  トップページ  |  次の記事 桑田佳祐、紅白で復帰!食道がん手術から5か月、ソロで初出場!  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴