Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  オランダでの乳がん発症率世界でも最高に

スポンサードリンク

オランダでの乳がん発症率世界でも最高に

オランダでの乳がん発症率世界でも最高に

オランダが乳がんの発症率、世界一位という結果!

乳がんの発症は食生活とライフスタイルの問題が大きいようです。

肥満も大きな要因になるようで、欧米は肥満大国ですから世界一位も当然かもです。

ギリシャの肥満度もすごい!と聞いていますので欧米の人は乳がんの発症率は高いのでしょう。

オランダは自転車大国であり、スポーツの盛んな健康大国のような知識があったので考え直さねばいけませんね!!

オランダでの乳がん発症率世界でも最高に

<以下、記事の引用です>

2010/08/10 Tue 10:08 | タグ: オランダでの乳がん発症率世界でも最高に オランダでの乳がんの発症率は世界の他の地域に比較してかなり高い。世界がんリサーチファンド(WCRF)の統計によれば、人口10万人に対し96.8件という世界でも最も高い発症率を示している。

これは東アフリカの約4倍、東アジアの約3倍という数字である。WCRFによれば、乳がんは食生活とライフスタイルが大きく影響しているという。10件に4件の乳がんは体重とアルコール制限、そして運動で防げるという。さらに、母乳授乳はがん予防に役立つという統計も出ている。
東アフリカの女性はオランダの女性に比べアルコール摂取が少ない。また肥満も少なく、母乳授乳の期間もずっと長い。


スポンサードリンク

 <  前の記事 桑田佳祐 順調回復アピール「おならやウンチも出た」  |  トップページ  |  次の記事 海外技術/欧州がん研など、食中毒菌ががん攻撃する免疫反応誘導を確認  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴