Top >  フコイダンについての知識 >  コイダンの効能は >  「フコイダンのアトポーシス誘導作用」

スポンサードリンク

「フコイダンのアトポーシス誘導作用」

人間の正常な細胞は、細胞分裂を繰り返してある一定期間が過ぎると細胞自ら崩壊して新しい細胞と交代していきます。
この細胞の崩壊のことを「アトポーシス」といいますが、困ったことに「ガン細胞」はアトポーシスをしないのです。

フコイダンは、このような「ガン細胞」に直接働きかけて「アトポーシス」を促してくれます。これによって増殖を止めて自然崩壊させてくれるのです。

正常な細胞には何も傷つけたりせずに、「ガン細胞」だけを「アトポーシス」させることができるので、最近のガン治療の中では、フコイダンを使った代替療法が高い評価を受けてきています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 「ガンという病気について」  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンのアトポーシス作用がガンを自滅させる。  > 

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 「フコイダンのアトポーシス誘導作用」:

» 福岡県春日市 女性66歳 送信元 ブログ-US24's BLOG-朱雀専門ウェブショップ US24
コレステロールが高い為、薬と他社の色々な健康食品と飲んでたけど全然下がらなかったのが、7ヶ月ほど前より朱雀を飲用してから下がりました。これからも健康維持の... [詳しくはこちら]

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴