Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  がんの約6分の1は感染症に起因、研究成果

スポンサードリンク

がんの約6分の1は感染症に起因、研究成果


がんの約6分の1は感染症に起因、研究成果

子宮頸がんのような感染症に起因するがんは恐いですね。

予防ができるがんなのですから、

しっかり予防措置をとっていくことができれば、

子宮頸がんはゼロに近づけることが出来ます。

これからはワクチン接種を義務化していく必要がありますね。


がんの約6分の1は感染症に起因、研究成果

<以下、記事の引用です>


がんの約6分の1は感染症に起因、研究成果
2012年05月09日 15:02 発信地:パリ/フランス

仏パリ(Paris)の病院で患者を運ぶ看護師(2010年11月9日撮影、本文とは関係ありません)。(c)AFP/FRED DUFOUR
関連写真1/1ページ全1枚

【5月9日 AFP】毎年世界で新しく報告されるがん発症例のおよそ6分の1にあたる約200万件、死亡例約150万件が、おおむね予防や治療が可能なウイルスやバクテリア、寄生虫などを原因とする感染症によって引き起こされていたとする国際がん研究機関(International Agency for Research on Cancer、IARC)の報告が9日、英医学誌「ランセット・オンコロジー(Lancet Oncology)」の電子版に発表された。

 184か国で27種類のがんについて調査した結果、2008年に世界で報告されたがんの症例1270万件のうち約190万件は、B型肝炎、C型肝炎、ヒトパピローマウイルス、ヘリコバクターピロリ菌の4つのうちいずれかの感染症に起因する、主に胃、肝臓、子宮頸部のがんだった。

 感染症関連のがんは、オーストラリアとニュージーランドでは新規症例の3.3%だったが、サハラ以南のアフリカでは32.7%に上った。

 女性では感染症関連がんの約半数が子宮頸がんだったのに対し、男性では胃がんと肝がんの合計が80%に上った。また感染症に起因するがんの発症患者の約30%は、50歳未満だったという。

 報告書は、ワクチン接種や安全な注射処置、抗菌剤の使用などといった既存の感染予防策を活用すれば、がんが将来の世界にもたらす負担を大幅に減らせる可能性があると指摘している。(c)AFP

スポンサードリンク

 <  前の記事 カレーのスパイス、大腸がん治療に有効か 英大が調査へ  |  トップページ  |  次の記事 ステージ4 がんと生きる 池田省三 <告知>「やっぱり…」眠れた夜  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴