Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  便秘の目安は週4以下 便の臭いが強いと腸内に悪玉菌が多い

スポンサードリンク

便秘の目安は週4以下 便の臭いが強いと腸内に悪玉菌が多い


便秘の目安は週4以下 便の臭いが強いと腸内に悪玉菌が多い

切れ痔の痔持ちなので便秘のニュースはチェックしています。

2015年、もう3年しかありませんが、

日本人のがんのナンバーワンは大腸がんになるとのこと。

気をつけなければ!!

ビフィズス菌が予防に効果ありとのことなので、

ヨーグルトの食べる量を増やしていこうと思っています。


便秘の目安は週4以下 便の臭いが強いと腸内に悪玉菌が多い


<以下、記事の引用です>

便秘の目安は週4以下 便の臭いが強いと腸内に悪玉菌が多い 2011.11.30 16:00


この記事をChoix!
newsingでこの記事をピックアップする
この記事をLivedoorクリップ!


■ゴルフの楽しみ方、もっと広がる www.golfdigest.co.jp
30万人以上が利用!特典いっぱい♪今すぐGDOクラブに登録(無料)
インタレストマッチ - 広告の掲載について
がん研究振興財団によると、2015年には、日本人がかかるがんの1位は、大腸がん20+ 件になると予測されている。日本人がかかる大腸がんといえば肛門近くの直腸がん20+ 件だったが、最近は、その上にできる結腸がんが増えている。
「結腸がん患者は健常人に比べ、腸内に『毒素産生型フラジリス菌(ETBF菌)を保有している率が高いといわれています」
大腸がんの予防に詳しい東京医科大学茨城医療センター消化器内科・大原正志教授は、ヨーグルトなどに含まれるビフィズス菌のひとつ BB536で、大腸がん20+ 件を引き起こす可能性があるETBF菌を減らせるという研究報告について語った。
「フラジリス菌は腸内にいる常在菌の一種ですが、毒素を出す型と出さない型があります。ETBF菌は毒素産生型で、腸内に慢性炎症を引き起こし、マウスを使った最新の研究では大腸がんを起こすことが報告されています。
ビフィズス菌・BB536を含むヨーグルトを、ETBF菌保有者に摂取してもらったところ、8週間後の便のETBF菌は10分の1にまで減少することが確認されたのです」(大原教授)
ETBF菌を保有しているのかをどのように調べればいいのだろうか? 大原教授はこう語る。
「日本人の約1割がETBF菌を保有していると推測されていますが、腸内細菌群の検査は自費診療で20万円近くかかるので、実際的ではないでしょう。それより40歳を過ぎたら、大腸の内視鏡検査を。昔と違い、3~5分程度で済みます」
年に1度の検査のほか、日々の便の状態からも腸の様子は推測できる。
「便秘ぎみの人、黒色調で固いコロコロ状の便、臭気の強い便が出る人の腸内環境は、ETBF菌に限らず悪玉菌が多い。男性に多い便秘と下痢を繰り返す人も注意が必要」(同前)
便秘の目安は、「便通が週4回以下」といわれている。力まずともストンと落ちるような、水分と繊維の多い黄色調でバナナ形状の便を目指したい。
※週刊ポスト2011年12月9日号

スポンサードリンク

 <  前の記事 がんを克服した自らの経験を映画化!『50/50 フィフティ・フィフティ』脚本家が、闘病中のエピソードや作品に込めた思いを語る!  |  トップページ  |  次の記事 唾液から“がん”が発見できる時代へ!  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴