Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  メラノーマ患者の余命延ばす2つの新治療法、米学会で発表

スポンサードリンク

メラノーマ患者の余命延ばす2つの新治療法、米学会で発表


メラノーマ患者の余命延ばす2つの新治療法、米学会で発表

メラノーマ!

恐ろしい皮膚がんですね。

メラノーマ患者の余命を伸ばす新治療法が発表されました。

まだアメリカでも承認されていない状態ですが、

光が見えていることは確かです。

期待したいですね!

メラノーマ患者の余命延ばす2つの新治療法、米学会で発表


<以下、記事の引用です>

メラノーマ患者の余命延ばす2つの新治療法、米学会で発表 2011年06月06日 16:46 発信地:シカゴ/米国

パレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)で撮影したさまざまな錠剤(2009年11月4日撮影、本文とは関係ありません)AFP/MOHAMMED ABED
関連写真1/1ページ全1枚

【6月6日 AFP】最も致死性の高い皮膚がんであるメラノーマ(悪性黒色腫)患者の生存期間が、2つの新たな治療法により延長したとの臨床結果が、5日の第47回米国臨床腫瘍(しゅよう)学会(American Society of Clinical Oncology、ASCO)で発表された。

 スイスのロシュ(Roche)が開発した経口治療薬「Vemurafenib」は、メラノーマ形成で重要な役割をするプロテインの製造を阻止する効果を持つ。675人を対象とした臨床試験を行った結果、この治療薬を利用した患者は、死亡する可能性が、化学療法を受ける患者よりも63%低くなったという。

 また、病状が進行するリスクは、化学療法と比較して74%減少した。副作用も少なく、皮膚炎や関節痛などの副作用が出たのは、試験参加者の10%未満だった。

 論文の主執筆者で、米スローン・ケタリング記念がんセンター(Memorial Sloan-Kettering Cancer Center)の医師、ポール・チャップマン(Paul Chapman)氏は「メラノーマの個別治療に向けた大きな一歩だ」と述べ、「腫瘍に特定の遺伝子突然変異を抱える患者に対する専用治療法で、初めての成功例だ」と語った。

「Vemurafenib」は、まだ米食品医薬品局(Food and Drug Administration、FDA)の承認を受けていないため、米市場での販売はできない。

■3年後の生存率が上昇

 進行メラノーマ患者の生存期間の延長に役立ったもう一つの新たな治療法は、免疫を活性化させる「ipilumumab(商品名Yervoy)」を使った治療だった。

 ACOは前年、製薬会社ブリストル・マイヤーズ スクイブ(Bristol-Myers Squibb)の「Yervoy」の臨床試験を実施。試験の結果、化学療法のみを受けた進行メラノーマ患者の3年後の生存率が12.2%だったのに対し、Yervoyと化学療法を組み合わせた同患者の場合は20.8%だった。

 研究者らは、YervoyとVemurafenibに加え複数の抗体薬を用いた臨床試験を行い、進行メラノーマの患者への効果を確かめることが次のステップだと述べる。すでに臨床試験は始まっているという。

 世界保健機関(World Health Organization、WHO)によれば、世界で年間6万6000人が皮膚がんで死亡しており、そのうち80%がメラノーマに関連している。また、患者の半数以上が59歳未満だという特徴もある。(c)AFP/Jean-Louis Santini

スポンサードリンク

 <  前の記事 「がん哲学」-人は最後に「死ぬ」という大切な仕事が残っている  |  トップページ  |  次の記事 胃がん・食道がん 新たな免疫療法への取り組み  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴