Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  保険会社が言わないホントの保険の話-1

スポンサードリンク

保険会社が言わないホントの保険の話-1


保険会社が言わないホントの保険の話

保険コンサルタントが本音でお奨めの保険を紹介してくれています。

医療保険はあまりいらないようですね。

はっきり医療保険は不要だと言い切っています。

これには驚きました!

私は10年ごとに更新するのが心配でしたので

終身の医療保険なるものを探して入ってしまいました。

ちょっと保険のことも勉強しなければなりませんね!

反省!

保険会社が言わないホントの保険の話

<以下、記事の引用です>

プロがお薦め がん保険1位に3商品 保険コンサルタント 後田亨

 まずは「医療保険」です。

■医療保険
1 該当なし 
2 ネクスティア生命「カチッと医療」
3 オリックス生命「CURE」
注目商品 楽天インシュアランス(アイリオ生命)「ロング」

 「医療保険」は基本的に不要です。

 有名な「医療保険」を扱っている会社の方が「健康保険が最強でしょう。大きな声では言えませんが、(自分は)入っていません」とおっしゃることも珍しくないのです。

 検討するとしたら、向こう10年の保障がある定期タイプを優先するといいと思います。保険料を抑えて貯蓄を優先したいからです。そんなわけで、ネクスティア生命の「カチッと医療」を2位としました。

 他に定期タイプではアメリカンホーム保険の「みんなのほすピタル」なども低価格です。インターネットで簡単に見積もりが出来るので、比較なさってください。

3位のオリックス生命「CURE」は、終身タイプの医療保険に「どうしても入っておきたい方」向けに選んだものです。

 保険料の安さにこだわると、楽天インシュアランス(引き受けはアイリオ生命)の「スマート」も浮かびますが、保障内容と価格のバランスから「CURE」です。

とはいえ、私自身は正直「CURE」のような人気商品には興味がありません。気になるのは、楽天インシュアランスの「ロング」という医療保険の方です。

 この保険からは、入院給付金が入院60日目までは支払われません。保障の対象にならない期間を設けることで保険料を下げ、発生頻度は少ないものの、より経済的打撃が大きくなりそうな事態に備えることにしているわけです。この考え方が正しいと思います。

 ただし、このような発想で設計される保険が普及するかどうかは、お客様の支持次第です。以前、メディケア生命が同じようなコンセプトの商品を扱っていましたが、その後、販売停止になった事実もあります。

 そういう意味でも、注目している保険、ということです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 胆管がん問題「印刷業が問題ではない可能性」  |  トップページ  |  次の記事 保険会社が言わないホントの保険の話-2  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴