Top >  がんの予防と治療-最新情報 >  13年前に余命6週間宣告も回復、治療の効果でがんからすっかり立ち直る。

スポンサードリンク

13年前に余命6週間宣告も回復、治療の効果でがんからすっかり立ち直る。


13年前に余命6週間宣告も回復、治療の効果でがんからすっかり立ち直る

がんに打ち勝つ人もいるというニュース記事です。

余命6週間から復活!

驚きの回復です。

生命力の強い人がいるものです。


13年前に余命6週間宣告も回復、治療の効果でがんからすっかり立ち直る。

<以下、記事の引用です>


13年前に余命6週間宣告も回復、治療の効果でがんからすっかり立ち直る。
2011/02/15 15:58 Written by Narinari.com編集部

英国に、13年前に脳や肝臓にがんが見つかり、余命6週間と宣告された女性がいる。しかし治療によってがんはみるみる縮小。余命宣告に打ち勝ち、13年が経った今では元気に働いているそうだ。

英紙ジ・アーガスやデイリー・メールによると、この女性は英南部バージェス・ヒルに住む、現在56歳のスー・ウィッグさん。彼女の体に最初の異変が起きたのは1998年初めのことだった。養護教諭として忙しい毎日を過ごしていた彼女は肌の一部に刺激を感じるようになり、そこにできた黒い部分が痒くて「イライラするようになった」(デイリー・メール紙より)ため、同年2月に初めて病院へ。すると王立病院を紹介され、詳しい検査を受けるように指示を受けた。

王立病院での検査の結果は悪性骨髄腫。加えて肝臓にもミカンほどの大きさの腫瘍が見つかった。そのためすぐに入院したウィッグさんは手術を受け、6か月にわたり投薬などの治療を行ったところ、治療は効果を上げて体調は改善。家族の待つ我が家へ帰ることになった。ところが、一旦は危機を脱したかに思われた彼女の体に、退院から間もなくして再び異変が起きてしまう。

1998年の秋、今度は突然激しい頭痛に襲われたウィッグさん。調べてみると脳の中に腫瘍が見つかり、医師の診断は「末期がん」だった。しかも、医師は家族に「残された時間は恐らく2か月(6週間)ほど」と余命を宣告。そして命の残り時間が少ないことを実感したウィッグさんはこのとき、これまでと同様の暮らしをして、ごくごく普通に過ごしたいとの思いが湧いたそうだ。絶望を感じながらも、これからも家族と楽しい時間を過ごしたいとの思いから、わずかな希望に賭けて放射線治療などを受け始めた。

すると、これらの治療が医師も驚くほどの効果を上げる。“余命6週間”と診断されたはずの脳腫瘍は放射線治療を始めると縮小し、最終的には彼女の脳から姿を消した。また、肝臓にできたミカン程度の大きさの腫瘍も治療で小さくなり、「不活発な状態」になったという。それから13年、彼女は今や保育所へパートへ出るほど元気に暮らしているそうだ。

彼女のようなケースについて、ロンドンの専門医は「余命6週間と言われながら、12年以上も生き続けているのは珍しい」とコメント。彼女の場合は治療の効果だけでなく、彼女自身が持っている免疫力ががんを退けたと考えられるとも語り、これは「稀なケース」としている。

ウィッグさんは現在も定期的にがん検診は続け、昨年はリンパ節切除の手術も行ったそう。重い病に打ち勝ち、立ち直った今、彼女は「素晴らしい家やお庭、家族に囲まれて、私はほんとに運が良いですね」と話している。

スポンサードリンク

 <  前の記事 そもそも、がんってどんな病気? 費用はいくらかかる?  |  トップページ  |  次の記事 若ハゲ男性は前立腺がんのリスクも高いことが判明  > 

         
このページについて

このページは「がん治療最前線!フコイダンの真の力」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴